星街すいせいが佐久間大介との同棲を否定!YouTubeで語った内容とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
星街彗星 同棲否定
  • URLをコピーしました!

人気Vtuberの星街すいせいさんがSnowMan佐久間大介さんと同棲しているのではという噂になり、X(旧Twitter)で炎上していましたがその関係についてYouTubeで否定しました。

この記事では星街すいせいさん(すいちゃん)がYouTubeで話した内容について紹介していきます。

目次

星街すいせいが佐久間大介との同棲を否定

星街すいせい
x@suisei_hosimatiより引用

2023年10月23日18時半にYouTubeの彗星チャンネルで配信された「雑談ちょっとだけ喋ろう告知もあるよ」で星街すいせいさん(以下すいちゃん)が、Xで炎上したSnowMan佐久間大介さんとの同棲を否定しました。

配信でははっきりと名前は言わずに「ある方」と言っていましたが、佐久間さんとの関係について炎上してしまっていることをスルーせずに触れることを選んだと配信の冒頭に伝えられています。

ある方とされる佐久間さんも10月23日18時にファンクラブ会員向けのブログで疑惑を否定しているとすいちゃんの口から伝えられました。

佐久間さんとは「ゲームを通じて知り合って友人としてもリスペクトしている関係」ということを言うために死ぬほど時間がかかったそうです。

X上では様々な発言や音声による憶測で二人が付き合っている同棲している結婚しているのではという所まで話が飛躍していましたが、どうすれば最善なのか考えた結果今回の配信で触れることになったとすいちゃんは言っています。

スルーすることも出来たけどあえてこの件に触れて、インターネットを使う上での注意喚起をすいちゃんは伝えたかったようです。

星街すいせいがYouTubeで語った内容とは?

2023年10月23日にYouTubeの彗星チャンネルでは、Xで炎上していたすいちゃんとSnowMan佐久間大介さんとの交際や同棲疑惑が否定されました。

すいちゃんは炎上による自身の体験をもとに、インターネットを使う上での注意喚起をすべくインターネット講座を配信しています。

すいちゃん

ネットの使い方には気をつけてね

すいちゃんのインターネット講座
  1. 「ネットは伝言ゲームになりがち」という意識を持つ
  2. 「その情報は本当に拡散してもいいものか」投稿する前に考えるようにする
  3. 情報を信じる前に情報が正しいのか自分で確認しに行く

1「ネットは伝言ゲームになりがち」という意識を持つ

最初は「星街すいせいと〇〇は付き合っている」から始まっても、「すいちゃん彼氏いるの?」「へえ、すいちゃん彼氏いたのか」「すいちゃん同棲してそう」「同棲してるなら結婚するんじゃない?」「すいちゃん結婚してるの?」という風に飛躍してしまいます。

一度拡散されてしまったことは当事者が否定したとしてもその言葉が届かなくなるので、そうならないように気をつけてください。

2「その情報は本当に拡散していいものか」投稿する前に考えるようにする

星街すいせいが〇〇しているという言葉が今回「付き合っている」という言葉だったからまだ良かったけど、それが「人を殺した」だったとしたら本当に怖いことです。

事実でもないことが事実のように拡散されてしまうことは恐ろしいことなので投稿する前に考える必要があります。

本当に事実なのか、拡散されてしまうことでどうなるかをきちんと分かっていて欲しいとすいちゃんから伝えられました。

3 情報を信じる前に情報が正しいのか自分で確認しに行く

例えばすいちゃんが「ホロライブ○ね!」と動画で言ってたという投稿があったとしても、元の動画では「ホロライブっていい人だよね」と言っている場合があります。

うまく切り貼りしてそう言っていたかのように見せていることがあるので、ちゃんと確認しに行くようにして欲しいとすいちゃんがお願いしていました。

すいちゃんの交際・同棲疑惑のもとになった音声データについても言及がありましたが、すいちゃんの配信中に「ツナー」「好きだー」などと言っている音声は「こちらは〜」と言っているのが正解です。

何の音声かは今は言えないとのことですが、また後々音声の詳しい内容についてはすいちゃんから伝えられるかもしれません。

まとめ

すいちゃんこと星街すいせいさんがSnowMan佐久間大介さんとの同棲をYouTubeの生配信で否定しました。

すいちゃんは炎上した内容をスルーせずに配信で触れることで、ネットリテラシーについて注意喚起してくれています。

みんながトラブルに巻き込まれないようにと自身の体験をもとに話してくれたすいちゃんがこれからもVtuberとして活躍し続けるのを応援していきたいですね。

目次