星麻琴の父親と母親の馴れ初めはロンドン取材?家族構成や生い立ちについても!

当ページのリンクには広告が含まれています。
星麻琴 父親 母親 家族構成
  • URLをコピーしました!

NHKアナウンサーの星麻琴さんは、フリーアナウンサーの三雲孝江さんの長女です。

この記事では、星麻琴さんの父親と母親の馴れ初めや経歴と、家族構成や生い立ちについて調査しまとめていきます。

目次

星麻琴の父親と母親の馴れ初めはロンドン取材?

星麻琴 父親 母親 三雲孝江 星勝幸

星麻琴さんの父親・星勝幸さんと、母親・三雲孝江さんの馴れ初めはTBSの「3時にあいましょう」で一緒に仕事をしていたことで結婚に至っています。

幸と三雲孝江の馴れ初め

星麻琴 父 母親 三雲孝江

星さんと三雲さんは結婚する12年前、星さん30歳・三雲さん23歳の時に仕事で出会っています。

三雲さんなぜかTBSに入社後1978年から「3時にあいましょう」のメインキャスターを務めており、星さんは「3時にあいましょう」のディレクターをしていました。

1981年にイギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃が結婚した際、星さんと三雲さんは取材のために一緒にロンドンに行っています。

ロンドンへの取材がきっかけで交際をスタートさせ、星さん42歳・三雲さん35歳の時に結婚しました。

星麻琴の父・星勝幸の経歴

星勝幸さんは、TBSの子会社「TBSスパークル」のプロデューサーをしていました。

星さんはテレビマンではあるものの、一般人のためプロフィールなどの詳しい情報は公表されていません。

星麻琴の母・三雲孝江の経歴

三雲孝江さんは産経新聞の特派員である三雲四郎さんを父に持ち、小学2年生から6年生までイギリスで生活していました。

・小学校時代 イギリスで過ごしていたため英語が得意で、フランス語も話せるトリリンガル

・中学高校 横浜にある中高一貫校の捜真女学校中学部・高等学部を卒業

・大学 上智大学外国語学部フランス語学科に進学

・大学卒業後 1977年にTBSにアナウンサーとして入社し、報道・情報番組だけでなく音楽番組やバラエティ番組など幅広く活躍

・フリーへ転身 1990年にTBSを退社し、フリーアナウンサーへ転身

星麻琴 父親 母親 三雲孝江
スポニチ

TBS時代には、1983年天皇陛下がオックスフォード大学に留学した際に同行取材を行っています。

天皇陛下と会話をしながらロン同市内を散策する様子がビデオに収められ、上皇明仁は家族と共にビデオを視聴し楽しまれたそうです。

1989年に星勝幸さんと結婚し、1990年にTBSを退社してフリーへ転身しました。

1991年に長女の星麻琴さんを出産してからも、「ブロードキャスター」「ジャスト」「イブニング・ファイブ」などのキャスターを務めて、三雲さんを見ない日はないというくらい活躍し続けています。

2024年現在では「ひるおび」や「情報7daysニュースキャスター」にコメンテーターとして出演中です。

星麻琴の家族構成と生い立ち

星麻琴 父親 母親
Pinterest

星麻琴さんの家族構成は父・母・星さんの3人家族です。

1991年9月に東京都で生まれ、中学から大学まで慶應のエリート人生を歩んでいます。

大学時代には母である三雲孝江さんが務めていたTBSを受験するも不採用となっていますが、二世は採らないという方針があったという噂もあったようです。

大学卒業後はNHKにアナウンサーとして入局し、岡山・札幌の放送局を経て2019年からは東京のアナウンス室へ配属されています。

2024年4月からはニュースウォッチ9のメンキャスターとして抜擢されるなど、実力も認められて人気が上昇中のようですね。

まとめ

星麻琴さんの父親と母親の馴れ初めや経歴について紹介しました。父はプロデューサーの星勝幸さんで、母はフリーアナウンサーとして現在も活躍中の三雲孝江さんです。

アナウンサーのサラブレッドとも言える星麻琴さんですが、これからの活躍にもますます注目が集まります。

目次