ランクル250を買える人は誰?抽選の倍率とキントで申し込みまでのレポート!

当ページのリンクには広告が含まれています。
ランクル250 買える人 誰 買えない キント レポ
  • URLをコピーしました!

2024年4月18日にランドクルーザー250が販売されましたが、抽選で選ばれた人にしか手に入れることのできない価値ある車になっています。

ランドクルーザーは店舗ごとに販売台数が振り分けられて、抽選にかけて販売するという方法が主流です。

ここでは、ランクル250を買える人は誰なのか、抽選の倍率と実際にキントで申し込みをするまでのレポートをまとめて紹介していきます。

目次

ランクル250を買える人は誰?

ランクル250 買える人 誰

ランクル250を買える人は誰なのかですが、購入にはいくつかの条件があるようです。

※店舗により異なっており、参考程度なのでご了承ください。

  1. ディーラーローンで買う人
  2. メンテナンスパックに入る人
  3. 下取り車を入れる人
  4. 得意先
  5. 転売しない人
  6. 抽選で選ばれた人

ひとつずつ説明していきますね

1 ディーラーローンで買う人

ランドクルーザー250は、現金一括での購入は不可です。

車の購入は本来現金一括の購入ができるのですが、ランクルに関しては転売防止の策として現金一括で購入することができません。

ローンだと金利がかかるため現金での購入を好む人がいますが、残念ながらランクル250はディーラーローンでの購入が条件になります。

2 メンテナンスパックに入る人

トヨタのディーラーで車を購入すると、メンテナンスパックに入って定期点検や車検を受けることが出来ます。

メンテナンスパックに入るという条件もまた、転売防止目的でないかと考えられますが、ランクル250の購入条件の一つになっているようです。

メンテナンスパックに入ること自体デメリットはないので、車種は何であれパックを申し込む人も多いのではないでしょうか。

3 下取り車を入れる人

ランクル250の購入条件に下取りの車を入れるというのを条件にする目的として、車を所有したまま新たに購入だけしてしまうと、ランクル250が転売されるという恐れがあります。

下取り車を入れるという条件もまた、転売防止目的の一つになっているようです。

4 得意先

ランクル250を購入するためには、新規での申し込みは出来ないと言われています。

一見さんお断りということですね。

ランドクルーザーは販売台数も限られているため、いくらお金があったとしてもすぐに買える車ではありません。

5 転売しない人

2021年8月に販売されたランドクルーザー300は現金購入が可能でしたが、購入時に「一年以内に転売しない」という誓約書を取り交わす必要がありました。

ディーラー側はランドクルーザーを転売されないように対策を取っていますが、購入するためには転売しないことを約束しなければならないようです。

ランクル250は現金での購入が出来ないため誓約書があるかは分かっていませんが、転売目的での購入は出来ません。

6 抽選で選ばれた人

ランドクルーザーは各店舗ごとに販売台数の枠が決まっており、抽選で購入者が選ばれます。

筆者は九州にあるトヨタカローラ本店で何度か足を運び担当者に情報を聞き出していましたが、販売開始になった2024年4月18日の時点では販売方法すらまだ決まっていないという回答でした。

その時は「先着順になる可能性もある」とも言われていましたが、こんなにも転売防止策をしておいて早い者勝ちというのは現実的ではありません。

表向きは「抽選」とうたっておいて、実際は信頼のある顧客をピックアップしてその中から抽選なり店舗ごとに選んでいるのではないかと考えられます。

①〜⑥はいずれも転売されないことを目的とした条件のようにも感じますが、本当にランドクルーザーという車が好きで、購入しても大切に乗ってくれる人が選ばれるのではないでしょうか。

筆者はハリアーを所有していますが、付き合いのあるディーラーの販売枠は2台で、予想通り購入者には選ばれませんでした。

ランクル250の倍率

ランドクルーザー250は色んな意味で買いたくても買えない車として承知の通りですが、購入者の倍率は5倍程度だと予想されています。

正確な倍率が発表されているわけではないので概算にはなりますが、ランクル250の月間生産台数を2000台と仮定して計算してみました。

2000台×12ヶ月=2万4000台(ランクル250年間生産台数)

トヨタの販売店舗が約5000店と言われているので、1店舗あたりの販売枠は

2万4000台÷5000店=4.8台

店舗ごとの平均販売台数は4〜5台という予想です。

地域ごとで販売枠に幅があって、筆者が行った店舗は枠は2台と言われました。

1店舗あたり抽選予約をした人が20人と仮定すると、枠が4台の店舗では倍率が5倍になります。

SNSでは倍率が8〜9倍、100倍と言われた人もいたようで、かなりの倍率であることは間違いなさそうです。

ランクル250をキントで申し込みまでのレポ

ランクル250 買える人 誰

ランクル250は購入は無理だということが分かり、キントで申し込んだのでレポートしていきます。

  1. 店舗にランクル250購入の意思を伝える
  2. 発売当日・2日後に来店
  3. 抽選発表
  4. キント申し込み

申し込みまでの流れを一つずつ説明します

1 店舗にランクル250購入の意思を伝える

2024年4月18日発売のランクル250を購入したいという意思を店舗に伝えたのは、2024年2月頃でした。

まずは営業担当の方に電話で予約したいことを伝えます。

  • 店舗で何台枠がもらえるか分からない
  • ホームページで掲載されている情報しか分からない
  • 販売方法が決まっていないが恐らく抽選になる

と担当の方に言われて、販売が決まったら電話で連絡すると言われました。

2 発売当日・2日後に来店

営業担当から先着順になる可能性もあると言われていたので、発売当日である2024年4月18日の開店時間に合わせて店舗に行きました。

そこで担当者に言われたのは、「今日は記者発表だけで販売方法や台数などが分かるのが明日の店長会議で、抽選は2日後」ということでした。

はっきりと他のお客様に売りますと言ってくれればいいものの、担当者の言葉を鵜呑みにして2日後の2024年4月20日に来店したのです。

3 抽選発表

もしかしたら買えるかもと淡い期待を持ちつつ店舗に行くと、

  • 店舗の販売台数は2台
  • 販売担当が抽選にかけられて枠を勝ち取れなかった

と言われてしまいます。

何と、今回の販売方法は顧客を抽選にかけるのではなく担当者をまず抽選にかけて、抽選に当たった担当者が販売できるという結果だったようです。

本当かどうかは別として、とにかく抽選には外れたという結果でした。

4 キント申し込み

買えないと分かってそのまま話をしていくと、キントでの申し込みであれば納期が5〜8ヶ月で届くという話になり、勢いでキントでランクル250を申し込むことになったのです。

ランドクルーザー[ZX DSL 2.8L〕

申し込み金 549,780円

月額利用料 98,010円

契約年数 3年

申し込んだのが販売から2日後だったので納期が5〜8ヶ月と言われましたが、少しでも遅れると1年2年になる可能性があるそうで、まんまと営業さんの口車に乗ったような感じになりました。

いずれにせよ、筆者はどんなに頑張っても「抽選」とやらには当たらなさそうなので、ランクルに乗るためにはサブスクしかなかったのです。

まとめ

ランクル250を買える人は誰なのか、条件は6つでした。

  1. ディーラーローンで買う人
  2. メンテナンスパックに入る人
  3. 下取り車を入れる人
  4. 得意先
  5. 転売しない人
  6. 抽選で選ばれた人

条件は店舗により異なり参考程度ではありますが、ディーラー側としては転売を防止するために色々と対策を講じているようです。

見た目のカッコ良さはもちろんですが、選ばれた人しか買うことが出来ないとなると、心理的にもますます欲しくなりますね。

どうしても乗りたいのであればキントで申し込みが可能なので、良ければ参考にしてみてください。

目次