M1の審査員がおかしい!?2023年から敗者復活戦の審査は対戦方式に変更!

当ページのリンクには広告が含まれています。
M1 審査員 おかしい
  • URLをコピーしました!

2023年12月24日にM1グランプリが開催されました。

M1グランプリがおかしいかについて、また2023年から敗者復活戦の審査が対戦方式に変更してどうだったかについてまとめていきます。

目次

M1の審査員がおかしい!?

M1 審査員 おかしい
ORICON NEWSより引用

20203年のM1グランプリ審査員は以下の7人です。

  • ダウンタウン 松本人志
  • 中川家 礼二
  • 博多華丸・大吉 大吉
  • サンドウィッチマン 富澤
  • ナイツ 塙
  • 山田邦子
  • 海原やすよともこ 海原ともこ

立川志らくさんが勇退されて、海原ともこさんが審査員に選ばれて注目が集まっています。

海原ともこ姐さんが審査するからM1見る!という人もいて、

ともこ姐さんの注目度が高いのが分かりますね。

大吉先生の審査

博多華丸・大吉の大吉先生の審査に対しては、安心感があるという声が多かったです。

大吉先生が短時間で漫才を分析して審査していると評価されていました。

海原ともこの審査

海原ともこさんは2023年のM1審査員に選ばれて、出演前から注目を集めていました。

審査に対してもSNSでは評価されているようです。

ともこ姐さんのコメントが分かりやすくてしっくりすると共感する視聴者が目立ちました。

ナイツ塙の審査

ナイツの塙さんはお笑いコンビ「ミーナ」に2023年M1出場を確約するというドッキリを仕掛けて、

大炎上したばかりです。

M1の決勝の冒頭でも、松本人志さんに今日は来ないかと思ったといじられていました。

審査についてはコメントが的確だという意見が多かったです。

炎上騒動もあったので、来年の出場を危ぶむ声もありました。

2023M1敗者復活戦の審査が対戦方式に変更

m1 審査員 おかしい
ORICON NEWSより引用

M1グランプリの敗者復活戦の審査は、2023年から対戦方式に変更になりました。

敗者復活戦の審査員はこちらの5人です。

  • ノンスタイル 石田
  • アンタッチャブル 柴田
  • マジカルラブリ 野田クリスタル
  • 錦鯉 渡辺
  • かまいたち 山内

2015〜2022年までの8大会の敗者復活戦の審査方法は、いわゆる「国民投票」でした。

視聴者が芸人を選び、その票数が最も多かった1組が復活するというルールでしたが

2023年は変更になっています。

敗者復活戦 審査方法
  • 21組を7組ずつ3つのブロックに分ける
  • ブロックごとに1組ずつネタを披露
  • ネタ終了後にランダムに選ばれた会場の観客500名が投票を行う
  • 勝ち残り方式で、どちらが面白かったかを投票
  • 各ブロックから1組ずつ最終審査に進出
  • 最終審査では3組で最も面白かったコンビニ芸人審査員が投票
  • 得票数が最も多いコンビが敗者復活組として決勝進出

審査方法が変更になったことに対して、これまでよりも良くなったという声が寄せられていました。

観客の500名の投票により各ブロックで勝ち抜いたコンビはこちらです。

Aブロック ヘンダーソン

Bブロック ナイチンゲールダンス

Cブロック シシガシラ

m1 審査員 おかしい

敗者復活ではシシガシラが4票を獲得して、M1グランプリの決勝進出が決まりました。

芸人審査員の誰がどのコンビニ投票したのかは明かされませんでした。。

決勝では残念ながら最後の3組には残れずでしたね。

まとめ

M1グランプリの審査員がおかしいかについて調査しましたが、2023年は炎上するほどのおかしな審査はなかったですね。

敗者復活戦の審査方法が対戦方式に変更になり好評でした。

また来年のM1も楽しみですね。

▶︎令和ロマンのくるまはADHDを公表していた!

目次