松井大輔の現在の年収は全盛期の10分の1以下!引退後は監督やサッカースクールも?

当ページのリンクには広告が含まれています。
松井大輔 現在 年収
  • URLをコピーしました!

プロサッカー選手の松井大輔さんが、2024年2月20日に現役を引退することを発表しました。

この記事では、松井大輔さんの現在の年収は全盛期の10分の1以下なのかと、引退後は監督やサッカースクールをするのかについて調査しまとめていきます。

目次

松井大輔の現在の年収は全盛期の10分の1以下!

松井大輔さんの現在の年収は、全盛期の10分の1以下になっています。

ピーク時の年俸は2008年サンテティエンヌの1億5千万円だったのに対し、2018年以降の年俸は1000万円になりました。

2021年のサイゴンFC時代の年俸も1000万円です。

2023年は横浜FCで選手権コーチとして契約をしており、年俸は明かされていません。

松井大輔Jリーグ時代の年俸推移

松井さんのプロサッカー選手としての1年目の所属チームは、憧れの三浦友和さんが所属していた京都パープルサンガでした。

4年間Jリーグで活躍し、2004年からは海外リーグへ移籍しています。

Jリーグでの年俸のピークは4000万円で、2014年〜2016年のジュビロ磐田時代でした。

2000年(京都パープルサンガ)400万円
2001年(京都パープルサンガ)700万円
2002年(京都パープルサンガ)1500万円
2003年(京都パープルサンガ)3000万円
2014年(ジュビロ磐田)4000万円
2015年(ジュビロ磐田)4000万円
2016年(ジュビロ磐田)4000万円
2018年(横浜FC)1000万円
2019年(横浜FC)1000万円
2020年(横浜FC)1000万円

松井さんは2022年・2023年も横浜FCに所属し、現役最後の年である2023年はコーチ権選手として活躍していました。

松井大輔の海外時代の年俸推移

松井さんが海外リーグに移籍したのは23歳の時で、2004年〜2010年まで1億円の年俸で契約しています。

2008年のサンテティエンヌに限っては1億5千万円の年俸で、松井さんにとっては最高の年俸でした。

2004年(ル・マン)1億円
2005年(ル・マン)1億円
2006年(ル・マン)1億円
2007年(ル・マン)1億円
2008年(サンテティエンヌ)1億5000万円
2009年(グルノーブル)1億円
2010年(トム・トムスク)1億円
2011年(ディジョン)5000万円
2012年(スラヴィア・ソフィア)4000万円
2013年(レヒア・グダニスク)4000万円
2017年(オードラ・オポーレ)2000万円
2021年(サイゴンFC)1000万円

30歳になった2011年以降は年収も5000万、4000万円と下がっていき、最終的には全盛期の10分の1以下になりました。

松井大輔の引退後は監督やサッカースクール?

松井大輔さんは、引退後に監督をするのかについては分かりませんが、サッカースクールをしたいと話していました。

2024年2月20日、松井さんは自身のインスタグラムのライブで引退を発表しました。

大久保嘉人さん、吉田沙保里さんも一緒にインスタライブに参加しています。

インスタグラムで引退を発表するという新しいスタイルに、途中から参加した本田圭佑さんも「引退ってほんまなん?SNSでやるから冗談かなと」言っていました。

引退後についてインスタライブで話していた内容はこちらです

  • とりあえず子供にサッカーを教えたい
  • サッカー解説や講演もしていきたい
  • 引退後は決まっていることもあれば、決まっていないこともある
  • 企業と企業を繋ぐアンバサダーなど、やりたいことも色々ある
  • ドリブル特化型スクールをしたい
  • パーソナルレッスンをやりたい
  • 日本サッカー協会(JFA)公認ライセンスの最上級S級を取ろうか迷っている

 松井さんは子供たちにサッカーを教えたり、パーソナルレッスンやスクールなど活躍の幅を広げていくようです。

監督就任については詳しい内容は話されていませんが、何年か後に監督になる可能性もあるのではないでしょうか。

まとめ

松井大輔さんの現在の年収は全盛期の10分の1以下なのかについてまとめました。

全盛期の年俸は1億5000万円でしたが、最終的に1000万円になっています。

引退後は監督ではなく、スクールをしたりコーチなどをしてサッカー界を盛り上げていくようです。

▶︎松井大輔の元との離婚理由は?現在は加藤ローサと再婚して子供は2人!

目次