村田諒太の子供や嫁のプロフィールは?イクメンエピソードや妻との馴れ初めについても!

当ページのリンクには広告が含まれています。
村田諒太 子供 嫁 プロフィール 妻 馴れ初め
  • URLをコピーしました!

ボクシングの村田諒太さんは、2010年に結婚し二人の子供がいます。

この記事では、村田諒太さんの子供や嫁のプロフィールと、イクメンエピソードや妻との馴れ初めについて調査しまとめていきます

目次

村田諒太の子供や嫁のプロフィール

村田諒太 子供 嫁 プロフィール 馴れ初め 妻 イクメン

村田諒太さんは子供二人、嫁の4人家族です。

妻 佳子(よしこ)

長男 晴道(はるみち)

長女 佳織(かおり)

村田さんのインスタグラムでも子供たちの様子が投稿されており、仲の良い家族だと伝わってきますね。

プロフィールを一人ずつ見ていきましょう

嫁(佳子)のプロフィール

村田諒太 子供 嫁 プロフィール 村田佳子

名前 村田佳子(むらた よしこ)

生年月日 1984年生まれ

村田諒太さんの嫁・佳子さんは村田さんの4歳年上なので、恐らく1984年生まれです。

村田さんとは2010年に結婚し、村田さんのボクシング人生を支え続けてきました。

2012年にはアマチュアでロンドンオリンピックで金メダルを獲得し、佳子さんもテレビ出演などで姿を見せています。

村田諒太の妻の現在の画像や、でしゃばりで炎上した過去についてはこちらをご覧ください。

長男(晴道)のプロフィール

名前 村田晴道(むらた はるみち)

生年月日 2011年5月13日

長男の晴道さんは、8歳の頃から野球をしています。

野球を始めたのは、家族でファミレスに行った時に野球少年たちが「こんにちは!村田選手ですよね?」と一礼したことがきっかけです。

村田さんはしっかり挨拶のできる野球少年の姿を見て、こんな風になってほしいと晴道さんに野球を勧めました。

他には水泳もしているようで、インタビューなどでも話されています。

お父さんに似て運動神経がいいのかもしれませんね。

長女(佳織)のプロフィール

名前 村田佳織(むらた かおり)

生年月日 2014年5月6日

村田さんは長女の佳織さんのことを「目に入れても痛くない」と溺愛しています。

長男の晴道さんには厳しくしても、佳織さんのことはつい甘やかしてしまうそうです。

村田諒太のイクメンエピソード

村田諒太さんはイクメンでも知られており、「イクメンオブザイヤー2013」を受賞しています。

村田は「このような賞をいただくことができて光栄です。正直、昨年の方がイクメンでしたが、その昨年の分も合わせていただきます。ありがとうございます」とあいさつ。

家庭でも2歳になる長男晴道くんと一緒に風呂に入り歯磨きや寝かしつけを担当しているという村田は「寝かしつけている時に首を痛めました」とのエピソードで笑いを誘っていた。

2013年10月17日

日刊スポーツ

奥さんにとっても、村田さんがお風呂や寝かしつけなどの育児を担当してくれて助かっていたのではないでしょうか。

また、2014年にはお笑い芸人の原口あきまささんや脚本家の宮藤官九郎さんとともにベストファーザー賞を受賞しています。

村田さんはインタビューで、子育てについて以下のように答えていました。

「何だかんだ言って、親の言うことなんて、子どもは聞かないものですよ。

なのに、親がこれをしろ、あれをしろって、無理やりやらされたら、嫌な思い出しか残らないじゃないですか。

僕は単純に、親の役目って、子どもに楽しい思い出を残してあげることじゃないかなって思うんですよね」

2023年5月24日

東京すくすく

村田さんは親の意見を子供に強要したりせず、楽しい思い出を残すということに重きを置いているようです。

村田諒太と妻の馴れ初めは?

村田諒太 子供 嫁 プロフィール

村田諒太さんと妻の馴れ初めは、職場で出会い2010年に結婚しています。

村田諒太と妻の馴れ初め

村田さんは2008年に東洋大学を卒業し、そのままボクシング部のコーチとして働いていました。

妻の佳子さんも東洋大学の職員で、職場の飲み会で知り合い、交際に発展しています。

村田さんは4歳年上の佳子さんの「芯の強い性格」に惹かれ、結婚後も佳子さんのサポートもあってロンドンオリンピックで金メダルを獲得しました。

村田諒太と妻の交際期間

村田諒太さんと妻の交際期間については明らかになっていません。

村田さんが東洋大学の職員になったのが2008年4月で、結婚したのが2010年5月です。

交際期間は1〜2年間くらいだと思われます。

まとめ

村田諒太さんの子供や嫁のプロフィールを紹介しました。

イクメンとして受賞歴もある村田さんですが、これからも家族4人で支え合って活躍してほしいですね。

目次