高橋藍はアメリカとのハーフ?父親と母親の職業やバレーボールを始めたきっかけも!

当ページのリンクには広告が含まれています。
高橋藍 ハーフ どこ 国  アメリカ 父親 母親
  • URLをコピーしました!

男子バレーボールの髙橋藍(たかはし らん)選手は、端正でハーフのような顔立ちをしています。

高校時代は春高バレーで優勝し、バレーボール選手としての実力を買われてオリンピック選手に抜擢されました。

そんな高橋選手のルーツについて気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、髙橋藍選手はアメリカとのハーフなのかと、父親と母親の職業やバレーボールを始めたきっかけを調査しまとめていきます。

目次

高橋藍はアメリカとのハーフ?

高橋藍 ハーフ どこ アメリカ 祖父 母親 父親 画像

髙橋藍選手はハーフではなく、祖父がアメリカ人のクォーターです。(上記の家系図の祖父の画像はイメージ画像で、高橋選手の実際の祖父ではありません。)

高橋選手の兄で同じくバレーボール選手の高橋塁選手が、Xでクォーターであることを明かしていました。

また、高橋選手のユーチューブチャンネルでは、100の質問コーナーでクォーターであると回答していました。

高橋藍 ハーフ どこ アメリカ 父親 母親

高橋選手の母方の祖父がアメリカ人で、お母さんがハーフだということです。

また、母親はイギリスやドイツの血も混じっているそうで、高橋選手が188cmと高身長なのも納得ですね。

高橋藍の父親と母親の職業

高橋藍選手の父親と母親の職業は明かされていませんが、祖父母はお食事処「三久」を営んでいることが分かっています。

三久には高橋選手のファンの外国人も訪れており、Xでその様子が投稿されていました。


”ラン、ルイ、リリの祖父母だからではありませんが…誇大広告のレストランよりは間違いなく美味しいです 私は冷蔵庫に何年も入っていたような味がするのでほとんどのレストランのおかずは食べませんが、これらは…ああ、家庭の味です”

高橋選手の祖父が元リーガロイヤルグラン沖縄でシェフをしていたので、料理の腕は間違いありません。

高橋藍がバレーボールを始めたきっかけ

髙橋藍 ハーフ どこ アメリカ 父親 母親
モデルプレス

高橋藍選手がバレーボールを始めたのは、小学校2年生の時に兄の影響を受けたことがきっかけでした。

兄の塁選手は元女子バレーボール日本代表の栗原めぐみさんのプレーを見て、バレーボールを始めたそうです。

高校は兄の塁選手と同じ東山高校に進学し、高校3年生でバレー部のキャプテンに就任しています。

父親は野球が好きで高橋選手の名前を「ホームラン」の「ラン」をとって「藍(らん)」と名づけ、兄は「塁」と命名していたので、父親は野球選手になって欲しかったのかもしれませんね。

高橋藍と母親の感動エピソード

高橋藍選手の母親は、インタビューで高橋選手の中学時代について振り返っていました。

「藍が中学2年になる頃まで、塁のおさがりばかりで……新しい靴も買ってあげられなかったんです」

 それでも、藍から「買ってほしい」とねだられたことは一度もない。むしろ「これがあるからええやん」と自ら兄のおさがりを喜んで履いた。食費を節約するために工夫を凝らした“かさまし料理”も「おいしい、おいしい」と頬張った。母にとって、その姿を見るのが何より幸せだった。

2024年4月19日

ナンバーウェブ

高橋選手の母親は、経済的に苦しい時期もお腹いっぱいになるようにと料理を工夫して、今でも「おかんのハンバーグが一番好き」と高橋選手は答えています。

ちなみに高橋選手が好きな母親の料理は

  • ハンバーグ
  • 中華丼
  • 麻婆豆腐
  • 大根の葉っぱとじゃこのごま油炒め

などで、帰省したら絶対に作ってあげているそうです。

まとめ

高橋藍選手ははアメリカとのハーフではなく、クォーターです。

母方の祖父がアメリカ人で、イギリスやドイツの血も混じっていると明かされていました。

父親と母親の職業は「三久」というお食事処を夫婦で経営しており、京都府日向市では人気の定食屋さんのようです。

イケメン選手として注目を集める高橋選手ですが、今後の活躍にも注目ですね。

目次