立川晴の輔の結婚相手は一般女性?妻との馴れ初めや子供2人の年齢・職業まとめ!

当ページのリンクには広告が含まれています。
立川晴の輔 結婚 子供
  • URLをコピーしました!

落語家の立川晴の輔さんが、2024年4月から笑点メンバーに抜擢されて話題になっています。

立川晴の助さんは落語立川流・立川志の輔門下の真打として活躍している方ですが、プライベートでは結婚しているのでしょうか。

この記事では、立川晴の輔さんの結婚相手は一般女性なのかと、妻との馴れ初めや子供2人の年齢・職業について調査しまとめていきます。

目次

立川晴の輔の結婚相手は一般女性?

立川晴の輔さんは結婚相手について、妻の存在や子供2人がいることを公表しています。

これまでは、SNSや公式HPで結婚について明かしていませんでしたが、2024年4月7日に笑点新メンバーとして登場した際に、家族の存在も発表しました。

奥さんは一般女性のため画像や詳しいプロフィールは公開されていませんが、美人だと噂されています。

立川晴の輔と妻の馴れ初め

立川晴の輔さんと妻との馴れ初めや結婚した時期は明らかではありませんが、2024年の時点で子供が大学生であると言う情報から、結婚したのは2000年前後ではないかと予想されます。

晴の輔さんは東京農業大学時代に落語研究会に所属しており、大学卒業後は立川志の輔さんの一番弟子として入門しています。

妻との馴れ初めで考えられるのは、大学時代に出会った方か、落語を通じて知り合った方の可能性が高いですね。

立川晴の輔の子供2人の年齢・職業

立川晴の輔さんには子供が2人いる事が分かっていますが、生年月日は公表されていません。

長男 大学院生

長女 大学生

2024年の時点では子供2人は成人しているそうなので、今後晴の輔さんが笑点に出演した際にお子様のエピソードも話されるのではないでしょうか。

立川晴の輔のプロフィール

立川晴の輔 結婚 子供
X@Chutohanpa1234

立川晴の輔さんのプロフィールはこちらです。

名前 立川晴の輔(たてかわ はれのすけ)

本名 檀上 晃一(だんじょう こういち)

生年月日 1972年11月21日

出身地 兵庫県神戸市

最終学歴 東京農業大学 農学部 農業経済学科 卒業

立川晴の輔さんは神戸市に産まれて、幼少期は神奈川県藤沢市、高校時代は岡山県津山市で過ごしました。

大学卒業後の1997年(平成9年)には立川志の輔に一番弟子として入門しており、立川談志さんは大師匠にあたります。

晴の輔さんは2024年4月から笑点新メンバーになりましたが、大喜利回答者のレギュラーメンバーに落語立川流の所属落語家が加わるのは番組開始以降初となるそうです。

まとめ

立川晴の輔さんの結婚相手は一般女性で、子供が2人いることを明かしています。

2024年現在長男は大学院生、長女は大学生で成人していますが、詳しいプロフィールや画像は公開されていません。

笑点メンバーは家族のエピソードも話す事があるので、晴の輔さんも奥様や子供たちのことを番組内で話してくださるかもしれません。

今後のご活躍にも注目ですね。

目次