有働由美子フリー転身後の年収3億円の内訳は?NEWSZERO降板後は音楽番組の司会に!

当ページのリンクには広告が含まれています。
有働由美子 フリー 年収 NEWS ZERO降板 音楽番組
  • URLをコピーしました!

有働由美子さんはNHKの局アナをしていましたが、2018年からフリーアナウンサーとして活躍しています。

アナウンサーはフリーに転身することで年収が何倍にもなると言われていますが、有働さんの年収はいくらなのでしょうか。

この記事では、有働由美子さんがフリー転身後の年収3億円の内訳と、NEWS ZEROの降板後の音楽番組「withMUSIC」について調査しまとめていきます。

目次

有働由美子フリー転身後の年収3億円の内訳

有働由美子 フリー 年収 内訳
オリコンニュース

有働由美子さんのフリーに転身後の年収は推定3億円と言われていますが、その内訳は4つです。

  1. テレビ出演料(推定2億4千円)
  2. ラジオ出演料(推定2400万円)
  3. 雑誌の連載(推定120万円)
  4. 俳優業(推定25万円)

ひとつずつ説明しますね

1 テレビ出演料

有働さんの収入の柱となっているのが、アナウンサーとしてのテレビ出演料です。

有働さんといえば「NEWS ZERO」のイメージが強いですが、フリーに転身してすぐの2018年10月1日から2024年3月末の約5年半メインキャスターを務めました。

NEWS ZEROの出演料だけでも年収2億4千万円と推定されており、有働さんのテレビ出演料は1本50〜100万円と噂されています。

NEWS ZERO出演料 計算式

※1本100万円と仮定 出演日数:20日/月(毎週月曜〜金曜日)

100万円×20日=2000万円/月

2000万円×12ヶ月=2億4千万円(年収)

ニュースのキャスターはニュースの論評や解説をしながら司会進行をしていく責任のある役割なので、メインキャスターとしてレギュラー出演をするのは相当なプレッシャーがあったのではないでしょうか。

有働さんはそんな責任ある仕事を5年半もの間務めていましたが、出演料が年間2億4千万円とは驚きですね。

出演料を1本50万と少なく見積もったとしても年収1億2千万円になるので、億は超えているのは間違いなさそうです。

NEWS ZEROの他にバラエティ番組のゲスト出演や、ナレーターとしての出演料も発生しています。

2 ラジオ出演料

有働さんは2020年からラジオ番組「うどうのらじお」のパーソナリティを務めています。

「うどうのらじお」は毎週金曜日15時半〜17時10分に放送中で、1本50万円と仮定すると月に200万円、年収2400万円です。

ラジオのパーソナリティの出演料もテレビ出演料同様に、フリーの方が年収も上がり、有働さんほどのキャリアがあれば安定した収入が見込めます。

3 雑誌の連載

有働由美子 フリー 年収 内訳 東出昌大
文藝春秋

有働さんは2019年1月から文藝春秋で「有働由美子のマイフェアパーソン」という連載の仕事をしています。

月に一回の掲載で、時代を作った人の本音に迫る対談企画です。

雑誌の連載の仕事を1本10万円と仮定すると、年収は120万円くらいになります。

4 俳優業

有働由美子 フリー 年収 内訳 近藤ボニータ
みんから

有働さんは映画にも出演歴があり、俳優としても収入源がありました。

  • 記憶にございません!(2019年) 夜のニュースキャスター(近藤ボニータ) 役
  • 孤狼の血 LEVEL2(2021年) 声のみ出演

映画の出演料は配役や知名度によってもまちまちですが、平均で25万円と言われています。

テレビやラジオの出演料に比べると少ないですが、俳優としても収入を得ていました。

  • テレビ出演料(推定2億4千円)
  • ラジオ出演料(推定2400万円)
  • 雑誌の連載(推定120万円)
  • 俳優業(推定25万円)

これらを合計すると有働さんの推定年収は2億6545万円+αなので、フリーに転身して2〜3億円の年収になっていると予想されます。

有働由美子はNEWS ZEROの降板後は音楽番組の司会に!

有働由美子さんはNEWS ZEROのメインキャスターを2024年3月末に降板後、音楽番組「withMUSIC」の司会に抜擢されています。

有働さんはNEWS ZEROだけで年収が2億を超えていたので、番組を降板することで一気に収入ダウンしましたが、自らの意思で降板を申し入れたそうです。

有働由美子がNEWS ZEROを降板した理由

有働由美子 フリー 年収 内訳
日テレ

有働さんは2018年にNEWS ZEROのメインキャスターに就任しましたが、2024年3月末で降板しました。

降板した理由は

  1. 5年という区切り
  2. 55歳で新たなチャレンジがしたい
  3. 人件費削減

などが挙げられます。

有働さんはNEWS ZEROのキャスターに就任してから5年という区切りで考えていたようですが、2024年55歳を迎えるという年に新たな挑戦をしたいという理由で降板となっています。

NEWS ZEROの仕事がルーティン化してジャーナリストとしてのハングリーさが無くなったことに危機感を覚えたこともきっかけで、2022年頃から降板を打診していたそうです。

また、前述した通り有働さんの出演料は年間2億超えとも言われていたので、日テレ側としては人件費削減の課題解決も理由の一つだったのではないでしょうか。

有働由美子はなぜ音楽番組の司会に?

有働由美子さんはNEWSZEROのメインキャスターを降板後、日テレの音楽番組「withMUSIC」の司会に抜擢されました。

有働さんは髪色を赤に変えてイメージチェンジをしていますが、なぜ音楽番組の司会に抜擢されたのでしょうか。

有働さんが音楽番組に起用された理由として考えられるのは

  • ゲストのことを掘り下げるトーク力
  • 進行やインタビュアーとしての実績
  • 音楽関係者との親交の深さ

が挙げられます。

「with MUSIC」はゲストのルーツやエピソードを掘り下げることも番組の売りになっていますが、実績のある有働さんであればトークや司会進行も安心して任せることが出来ます。

また、紅白歌合戦では通算7回の司会を務めた経歴もあるため、音楽関係者とも親交があって信頼関係を築けていることも司会に抜擢された理由になっているようです。

まとめ

有働由美子さんがフリーに転身後の年収3億円の内訳を紹介しました。

  1. テレビ出演料(推定2億4千円)
  2. ラジオ出演料(推定2400万円)
  3. 雑誌の連載(推定120万円)
  4. 俳優業(推定25万円)

NEWS ZEROの年収が推定2億4千万円だったので2024年3月末に降板した後は大幅な減収が予想されます。

2024年4月からは音楽番組「withMUSIC」の司会を務めているのでその年収が4800万円と仮定すると、今後のテレビ出演なども含めて2024年度の年収は1億円程度になるのではないでしょうか。

これからも有働さんの活躍が楽しみですね

▶︎有働由美子が結婚しない理由7つ!旦那がいないのに妊活していたのは何故なのかも!

目次