ちびまる子ちゃんの声優は交代して誰になる?TARAKOの後任はいつ決まるのかについても

当ページのリンクには広告が含まれています。
ちびまる子ちゃん 声優 誰になる
  • URLをコピーしました!

ちびまる子ちゃんの声優として知られるTARAKOさんが、2024年3月4日に逝去しました。

この記事では、ちびまる子ちゃんのまる子の声優は交代して誰になるのかと、TARAKOさんの後任はいつ決まるのかについて調査しまとめていきます。

目次

ちびまる子ちゃんの声優は交代して誰になる?

ちびまる子ちゃんのまる子の声優が交代して誰になるのか注目が集まっていましたが、後任は菊池こころさんに決定しました。

TARAKOさんの突然の訃報を受けて、フジテレビ側も後任を探していました。

TARAKOさんは1990年から34年間にわたって「ちびまる子ちゃん」のまる子の声優をしていたので、声優が変わることに違和感を覚える人は多いのではないでしょうか。

まる子の声はTARAKOさんのイメージが強すぎるので、後任者は大変なのではという声もありました。

後任者を選ぶ基準としては

  • TARAKOに似た声の人
  • 若手声優

などが考えられます。

ちびまる子の後任はTARAKOに似た声の声優

ちびまる子ちゃんの後任の声優を選ぶ基準で一番に考えられるのは、TARAKOさんの声に似た声優さんです。

ルパン3世やクレヨンしんちゃんが声優を交代した時も、似た声の人が後任者になりました。

ちびまる子ちゃんでもイメージを崩さないようTARAKOさんに似た声の人を探すことが考えられます。

TARAKOさんがまる子の声優になった経緯についても、原作者であるさくらももこさんが、自身の声に似ているTARAKOさんを選んだと言います。

実は当初、まる子役は別の声優に決まっていた。2018年に亡くなった原作者さくらももこさんが、自分の分身であるまる子のイメージと違うと再度オーディションを行い、自身の声に似ているTARAKOさんを選んだ。それ以来、独特の声でまる子を演じ続け「TARAKO=まる子」のイメージで国民的な人気者だった

スポニチANNEX

原作者のさくらももこさんの意向を尊重して、TARAKOさんの声のイメージをそのまま受け継いでくれる人が抜擢されるのではないでしょうか。

ちびまる子の後任は若手声優

ちびまる子ちゃんの後任者として、若手の声優さんが選ばれる可能性もあります。

ドラえもんの声が大山のぶ代さんから水田わさびに代わった時のように、前任者のイメージとは違う声優が選ばれるかもしれません。

しかしながら、ちびまる子ちゃんの場合TARAKOさんの声とまる子の声がマッチしすぎているため、全く違うイメージの声になるのは考えにくいですね。

いずれにせよプレッシャーは大きい後任者ですが、若手の声優さんが選ばれる可能性は十分あり得ます。

TARAKOの後任はいつ決まる?

ちびまる子 声優 誰になる

ちびまる子ちゃんのまる子の声優をしていたTARAKOさんの後任がいつ決まるかについては、明確な時期は発表されていません。

ちびまる子ちゃんの公式サイトでは、「後任の声優、後任による放送開始時期については現在対応を検討している」と記載されていました。

ちびまる子のTARAKOの声はいつまで?

ちびまる子ちゃんの声優をしているTARAKOさんが2024年3月4日に亡くなられましたが、TARAKOさんの声はいつまで聞けるのでしょうか。

公式Xによると、3月24日(日)の1時間放送の中で「まる子、水の味がわかる?」の巻がTARAKOさん出演の最後のエピソードになります。

後任者が決まるまでは、過去に放送されたものをお届けしますとのことでした。

TARAKOさんの声が聞けなくなるのが寂しいという声も多く寄せられています。

まとめ

ちびまる子ちゃんのまる子の声優は、菊池こころさんに決定しました。

TARAKOさんが亡くなり、関係者も対応を急いでいたようですが、無事に後任者が決まったようです。

TARAKOさんのまる子が聞けなくなるのは残念ですが、菊池さんのまる子にも期待したいですね。

目次