羽生結弦ナルシストが離婚の理由?厨二病は結婚しても治らなかった?

当ページのリンクには広告が含まれています。
羽生結弦 ナルシスト 離婚
  • URLをコピーしました!

羽生結弦さんは2023年8月に元バイオリニストの末延麻裕子さんと結婚しましたが、2023年11月に離婚を発表しました。

この記事では、羽生結弦さんのナルシストが離婚理由だったのかや、厨二病は結婚しても治らなかったのかについてまとめていきます。

目次

羽生結弦のナルシストが離婚の理由だった?

羽生結弦 ナルシスト 離婚

羽生結弦さんは2023年8月に元バイオリニストの末延麻裕子さんと結婚しましたが、105日後の2023年11月に離婚を発表しました。

離婚理由についてはマスコミの過剰な報道やストーカー行為が原因だと羽生さんはコメントしていますが、他にも理由があったのではと疑問視されています。

羽生結弦のナルシストが離婚理由?

羽生結弦さんのスピード離婚の報道を受けて、世間ではナルシストが離婚理由の一つだったのではと囁かれていました。

羽生さんはスケート選手として活躍していた現役時代、発言や行動からナルシストと言われていました。

元フィギアスケート選手の村上佳奈子さんも、金スマスペシャルに出演した時に羽生さんのエピソードを話しています。

村上さんは羽生さんと9歳の頃に出会っていますが、「昔はナルシストだと思っていた」と話しています。

小学生の頃は「ナルシ」と言われていて、羽生さんも「当たってるっちゃ当たってる」と言っているので当時からナルシストの自覚はあったようですね。

羽生さんは生粋のナルシストなので、元奥さんである末延さんも羽生さんのナルシストは承知の上で結婚していたと考えるのが自然です。

結婚してたったの3ヶ月で、旦那さんがナルシストだから離婚するというのはちょっと無理がありますね。

末延麻裕子は羽生家に馴染めなかった

羽生さんは結婚前に仙台市内の高級マンションの最上階にある、隣り合った2部屋を購入しています。

1部屋には羽生さんの両親と姉が暮らし、もう1部屋で新婚生活をスタートさせたようです。

NEWSポストセブンによると、一般的な新婚生活とはかけ離れた生活だったと報道されています。

結婚後、Aさんに対して、お母さんから食事の献立や食材、味付けなどについての指定やアドバイスは、まったくなかった。

隣の部屋に住んでいるのに、それまでの羽生さんを支えるルーティンの助言もなく、完全無視だったというんです」(スケート関係者)

最近は、アスリート妻が食にまつわる資格を取得し、パフォーマンスを支えるケースがよく聞かれる。

「Aさんも、そういった妻像を描いていたのかもしれません。

しかし、フタを開けたら食事を始めとする体調管理も一切させてもらえない。

プライベートといっても、アスリートの生活はストイックですが、そこにはかかわれない。

しかも、深夜の練習に帯同するのは羽生さんの両親と姉だけで、自分の出る幕はない」(スケート関係者)

NEWSポストセブン

羽生さんは結婚後もアイスショーに向けてスケートリンクと家の往復で、アイスショーを成功させることに集中していたようですね。

結婚したからといってこれまでの羽生家のルーチンは変わらず、末延さんも疎外感を感じて馴染めなかったのではと想像してしまいます。

不倫や浮気

羽生さんの離婚理由としてSNSでは不倫や浮気を疑う声もありました。

表向きにはマスコミやストーカー行為が原因で離婚に至っているので、もしスキャンダルがあれば真っ先に報道されるはずです。

羽生結弦さんも元妻の末延麻裕子さんも不倫や浮気をしていたという報道はないので、離婚理由ではなさそうですね。

偽装離婚

羽生さんが離婚を報告したことに対して、本当は離婚していないのではという声もありました。

羽生さんがゲイではないかという噂もあって、それを紛らわすための結婚離婚ではないかとも噂されています。

偽装離婚については憶測や願望なだけで、真意は分かっていません。

羽生結弦の厨二病は結婚しても治らなかった?

羽生結弦 ナルシスト 離婚
Instagram@yuzuru_hanyu_kisstheice

羽生結弦さんは現役時代の、自分を鼓舞して

「ノーミスでやる!絶対そうじゃなきゃ羽生結弦じゃない!」

「唯一無二の存在としての僕」

「負けは死も同然」

などと発言をしていたために、厨二病と言われていました。

厨二病とは思春期の頃に見られる背伸びした言動をすることを指します。

2023年8月に結婚する前の3月には以下のように語っていました。

精いっぱい自分の幸せを削ってでも、ずっとずっと羽生結弦として全て背負って進んでいくんで、どうか応援してください

スポニチANNEX

羽生さんは自身の幸せよりも「羽生結弦」として突き進んでいくと言っていたことが、離婚を示唆しています。

「羽生結弦」という唯一無二の存在になってしまったために、その姿を演じているとさえ感じてしまう人もいるようです。

羽生さんは結婚してから11月に埼玉で行われたアイスショーでインタビューに答えています。

– 初日の公演を終えられて、率直な感想をお願いします

「まず、もう本当に今日の開場ギリギリまで皆さんで徹夜しながら、

この “RE_PRAY” という公演を作っていただいて、

まずそこに感謝しかないですし、

無事に皆さんの前でこうやって披露することができて、

ひとつの作品としてのアイスストーリーというものをまず実行できることが、

本当に幸せだなということを感じております」

OLYMPUSより引用

インタビューを全文確認しましたが、厨二病節は発揮されていませんでした。

アイスショーを成功させるためにどれだけ努力してきたかが分かるインタビューで、スケートに真摯に向き合っていることがうかがえます。

結婚してから厨二病は治ったみたいですね、すぐ離婚しちゃったけど…

まとめ

羽生結弦さんはナルシストが理由で離婚したのかについてですが、元々ナルシストであることは分かっているため離婚理由ではなさそうです。

結婚後も厨二病の症状は治っていたようですが、105日で離婚してしまいました。

羽生さんは自身の幸せを削ってでも、羽生結弦として進んでいくと発言していた通り、これからもプロスケーターとして第一線で活躍されることが期待されますね。

目次