宮沢氷魚が演技下手と言われる理由6つ!経歴はモデル出身で学歴は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
宮沢氷魚 演技下手 理由
  • URLをコピーしました!

宮沢氷魚さんは2017年にドラマ「コウノドリ」で俳優デビューしました。

この記事では、宮沢氷魚さんが演技下手と言われる理由と、モデルの経歴や学歴についてもまとめていきます。

目次

宮沢氷魚が演技下手と言われる理由6つ

宮沢氷魚 演技下手 理由
ESSE online

宮沢氷魚さんが演技下手と言われる理由は6つあります。

  1. 棒読み
  2. 表情の作り方が下手
  3. 滑舌が悪い
  4. セリフに抑揚がない
  5. 感情がこもってない
  6. 役柄が悪い

一つずつ詳しく説明しますね

1 棒読み

宮沢氷魚さんの演技は台詞の「棒読み」により下手な印象を与えています。

特に2019年のドラマ「偽装不倫」では帰国子女のミステリアスな役を演じていたため、棒読みだという視聴者の意見が多かったです。

役柄に合わせてわざと棒読みっぽくしていた、棒読みの演技が役に合っていたという声もありました。

ただ、朝ドラ「ちむどんどん」や他の出演作品でも氷魚さんの棒読みに関する意見もあったので、氷魚さんの台詞のが棒読みっぽく聞こえるのは役柄のせいではなさそうです。

2 表情の作り方が下手

宮沢氷魚さんの演技について、表情の演技が下手と言われています。

氷魚さんの演技力について調査すると、表情の演技が残念という声が見つかりました。

表情の演技が下手という声は、氷魚さんが俳優デビューした2017年のドラマ「コウノドリ」に出演した時のものです。

デビュー当時は緊張していて、表情が固くなっていたのではないでしょうか。

2019年のドラマ「偽装不倫」や2023年のドラマ「ラストマン」(第一話)の演技は表情について「良かった」という評価に変わっています。

いろいろな作品に出演していくうちに、表情の演技が上達してきたようですね。

3 滑舌が悪い

宮沢氷魚さんの演技力について調査していると、滑舌が悪い・気になるという声が上がっていました。

氷魚さんの滑舌が悪いのには理由があって、幼稚園から高校までインターナショナルスクールに通っていたため日本語よりも英語の発音に親しみがあります。

そのため、巻き舌の発音になってしまい、滑舌が悪いと言われるのではないでしょうか。

滑舌に関しては「良くなってきた」という意見も見られるようになっているので、これからさらに経験を重ねることで改善が期待されます。

4 セリフに抑揚がない

宮沢氷魚さんの演技を見た視聴者からはセリフに抑揚がないという意見が寄せられていました。

抑揚をつけすぎてもわざとらしくなってしまいますが、ある程度の抑揚やメリハリがないと演技が下手に見えてしまします。

5 感情がこもってない

氷魚さんの演技は、セリフが棒読み・抑揚がないということも踏まえて「感情がこもってない」という印象を与えているようです。

感情を込めてほしいシーンにも関わらず、感情がこもっていないと感じて「残念だった」という視聴者の声もありました。

声だけの演技では特に感情がこもってないという意見が寄せられています。

6 役柄が悪い

ちむどんどんで演じた和彦の役が良くなかったという意見もありました。

役柄のせいで演技が下手に見えてしまったり、嫌いになったという人もいたようです。

俳優さんはドラマや映画で演じた役のイメージがつきやすい傾向にあるので、役にハマらないと演技力が評価されません。

宮沢氷魚の経歴はモデル出身

宮沢氷魚 演技下手 理由
ORICON NEWS

宮沢氷魚さんは2015年に芸能事務所に所属し、その年にファッション誌「メンズノンノ」の専属モデルオーディションでグランプリを獲得しています。

メンズノンノの専属モデルとしては2015年9月〜2023年3月まで約7年半誌面を盛り上げてきました。

そんな氷魚さんもモデルとして駆け出しの頃は上手くポージングできずに辛かったと話しています。

当時は大学3年生。初めて受かったオーディションがメンズノンノで、ファッションモデルとしての立ち居振る舞いは何も知らず、何もできず、悔しい思いもたくさんしたとか。

「ポージングと言われても、ポケットに手を入れて立つぐらいのことしかできなくて。
カメラの前に立っても、何を求められているのかわからないから、『やっぱりダメだ、モデルチェンジ!』って、僕が着ていた洋服を別のモデルが着て撮影するといったこともありました。つらかったです。

OurAge 2023/1/24

氷魚さんはメンズノンノモデルが決まる前に30個くらい連続でオーディションに落ちてしまったという経験があります。

芸能界に入ればすぐに仕事が決まって、いい作品や撮影に参加できると思っていたそうですが、なかなか思い通りに行かず心も折れかけていたそうです。

宮沢氷魚の学歴

宮沢氷魚 演技下手 理由
美的.com

宮沢氷魚さん小学校から高校までセント・メリーズ・インターナショナル・スクールに通い、大学はカリフォルニア大学サンタクルーズ校へ入学後、国際基督教大学教養学部へ編入しました。

高校 セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(2013年卒)

大学 カリフォルニア大学サンタクルーズ校へ入学(2013年)、国際基督教大学教養学部へ2013年9月編入、(2017年卒)

国際基督教大学教養学部は偏差値67.5の難関大学です。氷魚さんのお母さんも同じ大学の出身者で、弟さんはアメリカの弁護士をされているため家系的にも優秀なのが分かります。

氷魚さんの母・光岡ディオンさんについて、家族構成と父・兄弟についてはこちらです。

まとめ

宮沢氷魚さんが演技下手と言われる理由は6つでした。

  1. 棒読み
  2. 表情の作り方が下手
  3. 滑舌が悪い
  4. セリフに抑揚がない
  5. 感情がこもってない
  6. 役柄が悪い

モデル出身のため俳優としてのデビュー当時は下手と言われることもありましたが、ドラマや映画の出演が増えるにつれて演技力も評価されてきています。

高学歴で英語力も高い氷魚さんの活躍がこれからも楽しみですね。

▶︎黒島結菜と宮沢氷魚の馴れ初めは共演!事実婚(パートナー)の理由は何故?

目次