若林志穂が天までとどけで無視された主演俳優は誰?岡江久美子との関係は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
若林志穂 主演俳優 誰 天までとどけ 岡江久美子
  • URLをコピーしました!

若林志穂さんがXで女優時代に無視されていたことを投稿し、話題になりました。

この記事では、若林志穂さんが昼ドラ「天までとどけ」で無視されていた主演俳優は誰なのかについてと、共演していた岡江久美子さんとの関係について調査しまとめていきます。

目次

若林志穂が天までとどけで無視された主演俳優は誰?

若林志穂 主演俳優 誰 工藤公一 岡江久美子 天までとどけ
スポニチANNEX

若林志穂さんを無視した主演俳優についてですが、過去の週刊誌によると、「天までとどけ」で五郎役を演じた須藤公一さんのことを指しているようです。

若林志穂を無視した主演俳優

若林さんは2024年1月14日に自身のXで、「主演の俳優に食事を誘われて断った翌日、スタジオで会うと無視された」という主旨の投稿しています。

若林さんは2017年に週刊誌の取材で「天までとどけ」でいじめを受けていたことを打ち明けたことがあるため、Xで投稿した主演俳優は「天までとどけ」の五郎役・工藤公一さんではないかと考えられます。

「実は、これまで私は『天までとどけ』の出演者、あるいはスタッフさんにイジメられてきたんです」

 そう涙ながらに告白するのは、’09年に引退した元女優の若林志穂。公の場で話すのは、実に8年ぶりだ。

2017年7月4日

週刊女性プライム

天までとどけは1991年から1999年まで毎年制作され、合計8シリーズが放送されました。

父親役の綿引勝彦さんと母親・岡江久美子さんのもとで、8男5女の子どもが織りなす大家族を描いたホームドラマです。

若林さんは長女・待子を演じ、天までとどけにはなくてはならない存在でした。

週刊女性プライムでの内容をまとめると

  • 2017年にスマホで「天まで」のメンバーが再会するというニュースを知る、若林にオファーはなし
  • 2017年5月19日放送の「爆報!THEフライデー」に待子(若林志穂)以外のメンバーが集合、放送では「天まで」に待子がいなかったかのような編集をされていた
  • ネットでは待子がいないことに気づく人もいたため、これまでのいじめを告白することを決意

若林さんは、天までとどけのメンバーが番組で集まって出演していたことがきっかけでいじめを告発することになったようです。

若林志穂が天までとどけで受けたいじめの内容

若林さんが週刊誌の取材で語った、「天までとどけ」で受けたいじめの内容をまとめます。

  • 天までとどけパート3の時、メイクさんのフェイスパウダーがなくなるという事件が起こる(犯人探しはせずうやむやに終了)
  • パート8の打ち上げの席で、スタッフが「おまえ、人の物を盗んでたんだってね。スタッフみんな『こいつが泥棒か』と思って撮影してきたんだよ」言われる
  • 周りにいた兄妹たちは誰もかばってくれず、裏切られた気持ちになったままドラマは終了
  • ドラマが終わった2年後に五郎(工藤公一)に食事会に誘われ、プロデューサーから「コイツ、頭おかしいから」と言われるも誰もフォローせず
  • 2010年頃、再び五郎(工藤公一)に食事会に誘われるも、病気を治すことを優先し断りを入れる
  • 食事会当日待子(若林志穂)が電話をかけると、父親役の綿引に“待子なにやってるんだ? 脚本家の方も目が見えてないのに来ているんだ”と言われ、五郎にいきなりブツっと電話を切られる
  • 食事会が20周年の大事なパーティーだったことをTwitterを見て気づく

若林志穂さんは自分だけどうしてこんな仕打ちを受けなけらばいけないんだと思い、お酒を飲む量が増えて体調も悪くなった時期があったようです。

2011年の東日本大震災の際には、安否確認をするように監督から指示を受けた五郎からメールが届きます。

そのメールには《みんな待子のことが嫌いだから》と書いてありました。そんなこと言う必要があったのでしょうか。五郎はいつも私に突っかかってくるんです。

若林さんは「天までとどけ」のスタッフに心無い言葉をかけられたり、五郎役の工藤公一さんがいつも突っかかってきていたと話していました。

若林志穂と岡江久美子の関係は?

若林志穂 主演俳優 誰 天までとどけ 岡江久美子 綿引
スポニチANNEX

若林志穂さんと岡江久美子さんは、昼ドラ「天までとどけ」で親子役を演じていました。

若林さんが2017年の週刊誌の取材でいじめを告白した際に、事実確認のために岡江久美子さんに取材陣が突撃しています。

─若林志穂さんが、『天まで』で、イジメられたと告白しているのですが?

そんなこと、絶対ないですよ。私も綿引さんも子どものように可愛がっていたし。セリフは多かったし大変だったかもしれないけど。待子はなんでそう思っているんだろう?」

 そこには、困惑の色がうかがえる。

週刊女性プライム

岡江さんは若林さんのことを子供のように可愛がっていたとコメントしています。

若林さんについては「ガラスみたいに繊細な子だった、いい芝居をしていた」と感じていたようです。

五郎役の工藤さんと待子役の若林さんの関係については、「ケンカはあったかもしれないけど、仲は良かった」と答えていました。

まとめ

若林志穂さんが天までとどけで無視された主演俳優は、工藤公一さんのことを指していることが分かりました。

岡江久美子さんは若林さんのことを子供のように可愛がっていたとコメントしており、若林さんと工藤さんも仲が良かったという認識だったようです。

週刊誌の取材では今は幸せですと答えた若林さんなので、これかは平穏な日々であることを願うばかりです。

目次