大谷翔平の英語の勉強は日ハム時代に本格化!インタビューで喋らない理由は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
大谷翔平 英語 勉強 インタビュー 喋らない
  • URLをコピーしました!

2018年からメジャーリーグで活躍している大谷翔平選手ですが、チームメイトとは英語で喋っているのにインタビューでは日本語で答えていることで有名です。

大谷翔平選手は英語の勉強を日ハム時代に本格化させてエンゼルスのチームメイトも英語力を認めていますが、インタビューを英語で喋らない理由についてまとめていきます。

目次

大谷翔平の英語の勉強は日ハム時代に本格化!

大谷翔平選手の英語の勉強は日ハムに所属していた2013年頃から本格化しています。

高校時代からメジャーリーグでのプレイを視野に入れていた大谷選手ですが、日ハム時代にはロッカーが隣だったメンドーサ選手と常に英語でコミュニケーションをとっていたといいます。

当時の大谷選手は
「英語ですか? 趣味としてやっています」とあくまでも趣味を強調して英会話を勉強していると明言していました。

大谷翔平の英語勉強法
  • 机に向かって勉強する
  • 球場では積極的に会話をして力をつける
  • わからないフレーズや単語はすぐにメモを取る
  • 何度も紙に書いたり声に出して読む
  • 専属通訳の水原一平さんによるマンツーマン授業を受ける

大谷選手はインプットとアウトプットを繰り返し、英語力を身につけてきました。

チームメイトのダビッド・フレッチャー内野手によると、大谷選手の英語力は10段階評価で6.5くらいと評価しています。

チームメイトによると「イッペイ(通訳の水原一平さん)がいらなくなるのでは」というレベルにまで達してきているようです。

野球だけじゃなくて英語の勉強もずっとしてたなんて、凄すぎます!

大谷選手が英語でインタビューに答えている様子をアメリカのスポーツメディアBally Sports Westが公開しています。

インタビュアーは元エンゼルスの投手マーク・グビザさんです。

  • ドラマ「ストレンジャー・シングスの好きなキャラクターは?
  • 好きなゲームは何?
  • 誰とゲームをプレイするの?
  • 400フィートのホームランを打つのと100マイル(時速160キロ)の球を投げるのはどっちがいい?

これらの質問に大谷選手は的確に回答しています。

大谷翔平がインタビューを英語で喋らない理由は?

大谷選手はインタビューのときに必ず通訳の水原一平さんと同席しています。

目次